2010年11月09日

明るい透析

 腎臓が悪いと将来透析しなければならない…とお思いの方は決して少なくないようです。
 何かしらの原因:たとえば癌や臓器不全などで、体の恒常性が保てなくなったとき、人はその生命を維持できなくなります。腎臓も例外ではありません。しかし腎臓は、腎臓だけは、恒常性が保てなくなる程に機能が低下しても、代替療法が確立しており、いずれかを選択された場合は生命を存続させることができます。

 <腎臓に対する代替療法>
①移植
②血液透析
③腹膜透析

 それぞれに長所・短所がありますが、腎不全に至っても生命が維持できることは、とても崇高なことだと思います。またそれぞれ方法が確立されており、安心して受けていただくことができます。

 しかしなんといってもその前で被害を止めたい!自覚症状が出た時は、残念ながらかなり進行した時です。尿検査、採血、エコー検査、血圧測定などでおおよその推定は可能です。不幸にも腎臓病が見つかった場合、早期からしっかりと医療介入すれば、その進行を遅らせることは十分期待できます。腎臓がもっともっとポピュラーになってくれるといいな、と思います。
 


 *個人的には移植と透析が同列とは個人的には思いませんし、透析を代替療法と呼ぶことに少しの抵抗はありますが、わかりやすく記載させていただいているつもりですので、ご容赦ください。




久留米市JR久留米駅前の
くるめ駅前クリニック(内科・じん臓内科・人工透析内科)です。
くるめ駅前クリニック
〒830-0023 久留米市中央町1-1
tel.0942-32-8311

Posted by くるめ駅前クリニック at 21:14